ジュエルレインの効果特徴

ジュエルレインで効果を感じるコツ(肌の温度)

                                    (引用元

 

ジュエルレインで効果を感じるために誰でも
無料でできてしかも効果がある方法。

 

それは肌を温めることです。

 

なぜ肌を温めるといいの?

 

肌を温めると、肌がほぐれて柔らかくなります。
もう少し具体的に書くと肌細胞を固定してくれている脂質が温められて
柔らかくなるんです。

 

お風呂に入ると身体がほぐれますよね?
固まった油を温めるとふにゃんと溶けてくれますよね?

 

これと同じ事が肌にも起こるんです。

 

肌が温められて柔らかくなると、ジュエルレインの有効成分が
肌に吸収される量(浸透量)が増えます

 

肌を温めずにジュエルレインを塗るよりも
肌にジュエルレインの有効成分が吸収される量が増える方が
効果が高まるのは当然の結果ですね。

 

ジュエルレインの説明書に夜はお風呂上りに塗ってくださいと
書かれているのはこの肌温度のことが理由にあると考えられます。

 

どれくらい浸透率が変わる?

 

とは言え、どれくらい浸透量が変わるのかが分からないと
実践する気になれないですよね?

 

肌を温めることによる浸透率の変化を調査した方によると
0.3度肌温度をあげるだけで浸透率が50%も高まるんだそうです

 

また、このグラフを見てみてください。

 

ジュエルレインの効果を高めるには肌温度が重要

                             (引用元

 

肌表面の温度が25℃の場合と37℃の場合でビタミンCが
どれだけ吸収されるかを調査したグラフとなっています。

 

違いは一目瞭然で、25℃の場合の値は4、 37℃の場合は20と
なんと浸透率に5倍もの差が出ています。

 

このことから、肌を温めることはジュエルレインで効果を感じるために、
非常に重要な意味を持つことが分かります。

 

昔から「手当て」という言葉がありますが、
これは人の暖かい感情が相手に伝わって気持ちが落ち着くという効果以外にも、
肌の温度が浸透率を高めるという科学的な効果があるんでしょうね♪

 

どうやって温める?

 

夜はお風呂に入って身体を温められるので、
浸透率も高まってジュエルレインの効果を高めることができます。

 

でも問題は朝です。

 

「朝はただでさえ忙しいのに、お風呂に入っている時間なんてないよ〜」

 

という方も多いんじゃないかな?って思います。

 

そんなあなたにお勧めの方法があります。

 

歯磨き・顔を洗うのを水じゃなくて温水にしましょう。

 

普通は水で歯磨きをすると思います。
これを温水にしてみましょう。

 

口をゆすぐとき、顔を洗うときに手が自然と温水に触れるので、
肌をあっためてくれます。さらに歯磨きと一緒に手も綺麗にできます。

 

あったまったキレイな手にジュエルレインをつけて、
ケアをしてあげると、浸透率が高まるのはもちろんですが、
雑菌が手に無い状態でケアができるのでニキビ菌の繁殖を防ぐことができます。

 

 
もう少し余裕がある方は、背中やニキビを治したい部分に
暖かいタオルを当てて肌温度をあげると尚良いですよ♪

 

 

ジュエルレインはドラッグストアで取り扱いなし!最安値はココです

 

当サイトではジュエルレインをどこよりもお得な最安値で
購入する方法を紹介しています。

 

ぜひあわせてチェックしてみてください↓↓↓

 

ジュエルレインはドラッグストアで取り扱いなし!最安値はココです

関連ページ

ジュエルレインを塗る量の目安
背中ニキビケアで有名なジュエルレインですが、一回にどれくらいに塗れば効果が高いのでしょうか?分かりやすく画像付きでご説明します!ジュエルレインを使ってあなたのニキビとさよならしてください♪
ジュエルレインは一日2回しか塗ってはいけない?いいえ!
ジュエルレインは朝晩の2回塗布することが推奨されているニキビケアジェルです。でも本当に2回しか塗ってはいけないんでしょうか?ジュエルレインで効果を感じるためのコツをご紹介します!

ホーム RSS購読 サイトマップ
ジュエルレインの効果画像集 ジュエルレインの本音口コミ ジュエルレインの効果・特徴 ジュエルレインの詳しい成分